あなたの洗濯を手助けする総合情報サイト

>

あなたの洗濯物干しを全面サポート

洗濯物を干すときのコツ

洗濯物を干すときはプルプルと優しく振るって生地を膨らませてあげます。こうすることでしわが自然に伸びて生地が長持ちします。乾燥した時にもアイロンをかける手間がずいぶんと小さくなります。

ニット製品の場合も、毛糸が膨らんで形が整います。こうして生地を膨らませてやることで、洗濯物の間の風通しがよくなりますから、洗濯物干しの一番の基本である風通しがきちんとできます。

洗濯物によっては生乾きの時にアイロンを通してしまうという手もあります。こうすることでアイロンがピシッとかかり、乾燥も早くなります。

毎日使うタオルなども、ふんわりと膨らんでいたほうが使う時に気持ちが良いですね。タオルも干すときにプルプルと何度か振るうと絡み合っていた繊維がほぐれて生地が膨らみふんわりとした仕上がりになります。

時間をかけずにすぐに乾かしたい時

時間をかけずにすぐに乾かしたい時はどうするかということです。もちろん近くのコインランドリーへ行って乾燥機に入れるということもできます。

さもなければ、耐熱性のある大きな筒や袋に洗濯物を入れて口からドライヤーで温風を送ります。コインランドリーの乾燥機と同じくらい効果的です。子供の体操服とか靴下を急遽乾かす必要のある時などに便利です。

生地が傷まない場合には、洗濯物は天日干しにするのが一番気持ちが良いですね。お天気が悪かったり生地を保護するために部屋干しにしなくてはいけないことも多いです。そんな時にはなかなか乾きにくいということがあるのですが、なるべき洗濯物をため込まないようにしてこまめに洗濯をします。すると干さなくてはいけない洗濯物が少ないので、風通しよく洗濯物干しができます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ