年数が経過している外壁

塗料の種類を調べてみよう

外壁を塗り直す際は、大体100万円ぐらいになります。
しかし塗料によって、価格が上がったり下がったりすることを忘れないでください。
お金に余裕がない人は、安い塗料を選択しましょう。
すると、70万円から80万円になります。
しかし安い塗料は比較的、耐久性が低いと言われています。
耐久性が高い塗料は20年近く持つのに対して、10年以下しか持たないことが多いです。

何度も頻繁に外壁の塗装を依頼しなければいけないので、結果的に費用が高くなる可能性があります。
長い目で見ると、少し高額でも耐久性に優れている塗料を使った方が良いかもしれません。
見積もりを聞いて、100万円ぐらいなら耐久性も安心できるので、依頼しましょう。

住宅が建設されて10年以上経過している

リフォームする際は、築年数を考えてください。
建設されて10年以上経過している住宅は外壁が剥がれたり、壊れたりしている可能性が高いです。
塗料を塗り直すより、新しい外壁に交換した方が良いと言われるかもしれません。
150万円から200万円で、外壁を交換できます。
高額な価格なので、依頼するのに戸惑う人が多いでしょう。
しかし年数が経過している外壁では、些細な衝撃にも耐えられません。

そのような住宅で暮らして行くのは、ハッキリ言って危険です。
しっかり外壁を交換して、安心できる住宅にしてください。
築年数が10年から15年が経過したら、外壁を交換しなければいけない可能性があると覚えておきましょう。
定期的に、外壁をチェックしてください。


この
記事を
シェア

TOPへ