洗濯物は干し方ひとつで大きく変わる!時短方法をご紹介!

あなたの洗濯を手助けする総合情報サイト

天日干しから室内干しまで洗濯物の干し方

洗濯物を干す場合には、プルプル振るうなどしてしわを伸ばして干します。そうすると衣類の生地が膨らんで新しい生地のようにふっくらとします。

洗濯物を干す場合には、ハンガーと洋服のサイズを合わせるように気をつけます。大きさがマッチしていませんと、せっかく洗濯しても乾いた時に型崩れがしてしまいます。ズボンやスカートなどはそのまま干すと乾きにくいので、裏返して干すと乾燥が早くなります。Tシャツやブラウスなどはハンガーに干したときに前後がくっついてしまわないように厚みのあるハンガーを使うようにすると早く乾燥します。

ニット製品などはハンガーにかけて干すと伸びてしまうことが多く、洗濯表示も平干しを指定していることが多いですね。平干し台がない場合には、ピンチハンガーの上からかぶせるようにして干すと伸びません。

洗濯物はなるべく風通しを良くして早く乾燥するようにします。さもないと雑菌が発生してにおいが出たりします。靴下の場合にはつま先を上にしてぶら下げると、履き口に水分が落ちてきて、履き口のゴムを劣化させます。履き口の部分を上にして干すようにします。

室内干しをする場合には、特に洗濯物の間の風通しがよくなるように気を付けます。浴室乾燥を利用するのが一番良いですね。さもない場合にはサーキュレーターの風が洗濯物の間に流れるようにします。洗濯物をきちんと乾かすには、温度、湿度、そして風通しが基本要素です。部屋干しの場合もこの三つを考えて干せばパリっと乾いてくれます。

あなたの洗濯物干しを全面サポート

昔は洗濯物を干すといえば天日干しが普通でした。今は室内やお風呂場でも乾燥するようなシステムがついているところが多いですね。 地球温暖化のせいもあり紫外線が強くなりましたから天日干しも生地をよく見て干さないと傷んでしまいます。衣類に洗濯表示がしてある場合にはその表示に従いましょう。

洗濯物を干す第一要素

洗濯物を干すときに一番大切なのは風通しなのですが、意外と忘れがちになってしまいます。洗濯物は風通しの良い面が多いほど早くパリっと乾いてくれます。 風通しを良くするために洗濯物どうしの間をあけるとともに、洗濯物は弧状になるようにしておくと乾きが早いですね。

部屋干しの洗濯物

部屋干しの場合には干してある時間をなるべく短くすることが大切です。さもないとどうしても雑菌が発生して臭いが出てしまいます。 部屋干しの場合には脱水を長めにするとよいです。そうすると乾燥のための時間を短くできます。梅雨時の湿度の高いときの室内干しは特に気を付けます。